しつこいシミは化粧品で撃退「シミの種類を把握しよう」

しつこいシミは化粧品で撃退「シミの種類を把握しよう」

肌ケア用品

炎症性色素沈着

ニキビができている時に強くこすったり、刺激を与えたりすることによって、シミができてしまうことがあります。しかし、シミを消すことができる化粧品を購入すれば簡単に治すことができるようになっています。

老人性色素班

外で一日中仕事をしていたり、長い間海辺に居たりすると老人性色素班というシミが出来てしまいます。それらも、化粧品を塗り、きちんとケアすることによって、改善することが可能になっているのです。

肝班

肝班という種類のシミは、女性ホルモンが乱れている時になりやすいと言われています。特に、妊娠中は治療を受けることができないので、化粧品を購入してみると良いでしょう。そうすれば綺麗な肌を保つことが可能です。

調べ方

素人目では自分にできているシミはどのシミなのか知ることができません。しかし、サイトに掲載されているチェック表を参照することによって、種類を把握することが可能です。そして、化粧品でも対応できるとわかったら試してみましょう。

化粧品をきちんと選ぼう

メラニンの生成指令を止めるもの、メラノサイトの働きを阻止するもの、メラニン色素を元に戻すもの、メラニンの排出を円滑化するものがあるので、じっくり見極めてから化粧品を利用すると確実に効果を得ることが可能です。

成分

シミ一つない肌にしたいと考えているのであれば、ビタミンC誘導体が多く含まれている化粧品を選択すると良いでしょう。ビタミンC誘導体は他のものよりも早く肌に浸透して、効果をもたらしてくれます。